*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みなさん、こんにちは

オーナー丸山先生は、地域インストラクターの講習会に行ってきました。
普段は、スタジオで経験者やプロ相手のレッスンがメイン。

アマチュアで、教室関係ではない人たちのダンスとはどんなものだろう

そんな新たな接点が期待できるチャンスです。

P6151335-mini.jpg


地域インストラクターの指導では、

 ・ステップの順番
 ・踊る方向
 ・ステップの名前

最低この3つを押さえてもらうことが目標です。


普通にダンスしていれば、自然と頭に入ってきますが、
意識的に覚えようとしないと、いざ人に説明しようとしたとき、言葉として出てきません。

踊りとしては知っていても、名前を知らないことも。


指導する前、講習会の担当者から心構えを聞きました。
「受講・受験する人のマナーが、あまり良くないですよ」


地域インストラクターを受験するためには、講習会と受験料で合わせて\18,000が必要です。

それだけのお金を払ってるんだから、儲かってるんだろう、合格して当然だろう。

そう考える人が多いのが、マナーについての話に繋がっているようです。


ばしっ!


気合を入れて、会場に向かいます。

P6151328-mini.jpg


ところが。


みなさん、素晴らしいステップ。

ライズアンドフォールは、大目に見るというのが、地域インストラクターの入門目標。
次の進級を目指すときに、しっかり見ることになっています。

でも、ライズ、フォール、ヒールがちゃんとできているんです!


優秀~~~~!!!


講習を受けたら、1ヵ月後には試験があります。


最低条件は、専門用語を押さえておくこと。


少し踊れれば、講習を受ければ、そんなに難しいものではありません。

自信をつけて、ダンスを広めるボランティアをしてみませんか?

P6151335-mini.jpg

丸山先生も、ダンスの楽しさ、心身へのポジティブな働き。
いろんなことに魅せられて、ダンスに打ち込んでいます。


もっとダンスを広めたい!

と、ワンコインダンスで、きっかけを増やそうと張り切っています。


今回、地域インストラクターの指導に当たってみて、

「こんなに頑張ってる人たちがいて、ダンスの裾野は広く、
 しっかりした人たちが育っているな」

と、確認することができました。

趣味やサークルなど、教室とあまり接点のない人たちは、
ただ踊ってるだけなんじゃないか、などと心配していました。


こんなに”程度の高い人たち”が、ダンスの、アマチュアの底辺を支えている。

ダンスをまじめに、自分の趣味だけじゃなく、体のためにという人たちが増えてきた。


そんな底力が見て取れ、うれしかったです。

P4231177-mini.jpg

スタジオにいるプロの先生は、教えに行くこと、来た人を指導することが仕事です。

でも、ダンス人口を左右する、ダンスに対して何かしようとしたとき、

ちょっと興味を持ち、アマチュアなどの活動から上がってくる、
そんな人たちがスタジオに来る流れに、勝るものはありません。


あなたが社交ダンスの扉をたたく日を、夢見ています^^*


地域インストラクター情報サイト>

日本ボールルームダンス連盟(JBDF)受験日程
http://www.jbdf.or.jp/juken/chiiki/index.html
地域インストラクターへの道
http://www.interq.or.jp/sun/swing/social2.htm
ボールルームダンス地域インストラクター資格試験
http://www.ballroom-j.com/qualific/instruc2.htm



スポンサーサイト


この記事へコメントする















丸山ダンススクール(株)

www.maruyamadance.com

ダンシングまる子
since 2009-08
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。